特別養護老人ホームあいご 自衛消防訓練

  • 2016年12月22日

特別養護老人ホームあいごでは、ご高齢の災害弱者の方をお預かりしています。
そこで、火災が発生しやすい季節になり万が一に備え、自衛消防訓練を行いました。
今回、夜間、ユニットリビングのテレビの裏から出火した想定で訓練を行い、
火災報知器発報より6分25秒で避難誘導、人員報告を完了しました。

img_0063
救出班がお客様を誘導します。

img_0065
「火事です。逃げて下さい。」しっかり声を掛けながら誘導しました。

img_0066
自衛消防隊本部に速やかに誘導しました。

img_0068
救護班は負傷者の対応にあたりました。

img_0085
消火器使用時は「ピンを抜く」「ホースを抜く」「押しながら火に近ずく」の3つの動作を必ず声に出して行うよう指導して頂きました。

訓練を終えて、いかに迅速に火災に対応し、お客様の安全を確保し、
火災による被害を最小限にとどめるかを職員一人ひとりが体験し、防災の重要性を再確認致しました。

介護職 田仲大地