さくらの丘 勉強会

  • 2015年09月18日

にいざとさくらの丘では毎月テーマを決めて、お客様の満足度の向上と職員のスキルアップを目標とした勉強会を行っています。

8、9月のテーマは『レクリエーションについて』。8月は「基本編」、9月は「実践編」でした。

レクリエーションの目的は、楽しむことだけではなく機能訓練の一環としても取り組んでいくことを学びました。

1

 アイディア次第でどこにでもある身近な道具を使って、体全身を動かすことができます。

この日はお手玉・ペットボトル・タオルを使ったゲームを体験しました。

 

 

 

 

 

3

 お手玉を投げるのも、両手→利き手→  利き手ではない手→手の甲で受け取るようにすることで、集中力を高めたり、指先の訓練にもなります。

 

 

 

 9

 「ゆらゆらゲーム」です。

 ペットボトルを使ったバランスの訓練です。

 

 

 

4

 

 「片手でタオルを結びましょ」ゲームです。

 どうやって結ぶか、思考を高める訓練です。

 

 

 

 

 

6

 二つの道具を組み合わせて、「タオルだけでペットボトルを逆さに立ててみましょう」ゲームです。

 難易度は高いですが、全身を動かしながら集中力を高める訓練です。

 

 

 

 

 毎日のレクリエーションの中でチーム戦及び個人戦を取り入れることで、お客様同士の交流の場になり大変盛り上がります。

レクリエーションを提供する職員も、しっかり準備運動をして、声を出して楽しみましょうという言葉で締めくくりました。

 

                                                さくらの丘 吉国