「特養華つばき」7月中旬近況報告

  • 2021年07月12日

こんにちは、特養華つばき開設準備室です。

静岡県熱海市の大雨による土石流被害をはじめとして、地元鳥取県でも線状降水帯による記録的な大雨により被害が出ています。自然災害の猛威に人間の無力さを感じずにはいられません。被災された皆さまにお見舞い申し上げるとともに、いち早い復活をお祈りいたします。

さて、7/9現在の工事状況です。30.0%の進捗率となっており、順調に進んでおります。また、7月から法人転籍で事務職員と千葉興業銀行から2023年3月末までの出向で開設準備に携わって下さるようになり、現在4名で準備を進めています。

 

1階部分は、早くも「居室のこの場所に、このような洗面台がついて、コンセント位置はこのあたりで…」とイメージできるようになりました。

職員内定状況としては、7/12現在で25名となり、37.9%の内定率となっています。少しずつではありますが、一緒に働く仲間が決まってきており、うれしい限りです。先週、工事現場に職員募集の看板を設置することができました。更なる採用活動に勢いをつけていきたいと思います。

本日、白山福祉会の高橋得法事業部長が開設準備室に来て下さり、首都圏での新規事業開設におけるノウハウをレクチャーしていただきました。色々な方々に、ご心配いただきまして、このように駆けつけて下さって本当に感謝しかございません。来年3月、しっかりと開設できるように力を合わせて進めていきます。

 

2021年7月12日 特養華つばき開設準備室 梅谷 英樹