2020年度新人フォローアップ研修

  • 2020年07月10日

今年度の新卒が入職し、早いもので3か月が過ぎました。

毎年この時期は、新人ふぉえろーアップ研修をしています。

今回のプログラムは、入職時の新人研修の時に立てた、これから3か月間行う事の目標に対して、実践した報告と、研修として「社会人のルール・高齢者虐待について」「リスクマネジメント」を再確認して、午後からは日野エリア、新見エリア、蒜山の施設を見学をするという内容です。

最初に、松本事業部長より「皆さんが思っていることや、やりたいと思っていることは、みなさんの事業所の上司たちがしっかり支えていきます。そのために、みなさんは声に出して伝えてほしい。技術など未熟な部分は、先輩たちがサポートするので、一生懸命仕事をしてください」と挨拶がありました。

次に、一人一人が、目標の実践報告をしました。このことに対して、責任者は一緒に取り組み、乗り越えられたことなどをコメントしました。

施設見学では、事業所内には入らず、玄関でそれぞれの施設の特徴や役割などの説明を受けました。

日野エリアは、総合福祉センターで、訪問介護や通所介護、居宅介護などの在宅を支える機能の説明を受け

新見では、特別養護老人ホームゆずり葉

にいざとさくらの丘

蒜山の小規模多機能ホーム菜の花と、大雨で車から降りれず

3か月のフォローアップ研修が終わり、これからが本当のスタートです。

今日も発表に「初心に帰る」という言葉がありました。この気持ちを忘れず、明日からも一緒に頑張りましょう!

新人研修担当 後藤・今倉・水谷

関連記事は医療法人社団日翔会ホームページにも掲載しています。