新入職員頑張ってます!

  • 2020年04月22日

新卒で入職した職員は、現場で指導者について実務を学んでいます。

特別養護老人ホームあいごに配属になった新人は、今年養成校を卒業した介護福祉士です。

現場では業務確認表に基づいて実践できるように指導しています。

この日は、車いすの整備と褥瘡予防のポジショニングについて、作業療法士から学んでいました。

言葉だけを伝えるのではなく、ポイントを押さえて指導者がやってみせて

次は実際に実践してもらう。というやり方で一つ一つを丁寧に教えます。

褥瘡予防とポジショニングについては、事業所の勉強会で用いた資料を使って、好発部位を確認し

体位変換時の、クッションの当て方を学びます。

全てのことには意味がある、根拠ある介護の実践を一つ一つ確認をしながら指導しています。

また、ケアプランの見直しのために、介護福祉士、作業療法士、管理栄養士、看護師など多職種が集まり、担当者会議にも出席しました。

指導には、介護福祉士を中心に多職種がかかわり、通常業務の中で時間を決めて実践しています。

「覚えることがたくさんだけど、夜はよく眠れる」と笑顔で話してくれる新人。今日も笑顔で頑張っています。

2020.4.22 特別養護老人ホームあいご 池田尚行