特別養護老人ホームあいご~施設における終末期ケア勉強会~

  • 2019年09月30日

9月30日、鳥取大学医学部地域医療学講座より、李瑛医師にお越し頂き、

「施設における終末期ケア」というテーマで講演をして頂きました。

はじめに、李先生より現在は「終末期」とは言わず、「人生の最終段階に

おける医療」と表現すること、「延命」とはどんな治療なのか などについて

わかりやすく教えて頂きました。

「死」に向かっていく高齢者のサイン、介護施設における「看取り」とは

「スタッフの心の葛藤」などについてお話をされました。

 

 

 

 

 

「元気なうちに 最期にどうしたいか、どうありたいか を笑って話せる

 関係づくりをすることが大事」という李先生の言葉に、

施設でお客様をお預かりする立場として、日々お客様の気持ちに寄り添い

お話を聴くこと、ご家族に細かく様子をお伝えすること の大切さを

改めて感じました。

「その人らしく最期をどう迎えたいか…」医師、看護師、介護職、立場は

それぞれ違っても、1人の人を大切に看ていく という心を一つに

明日からも頑張ろうと 元気を頂いた勉強会でした。

李先生ありがとうございました。

              特別養護老人ホームあいご  佐々木真由美