新見市内の2校の高校生が見学に来てくれました!

  • 2019年08月09日

8月8日、新見市内にある2校の高校生29名が見学に来てくれました。

これは、新見市商工会議所内にある、新見地区雇用開発協会主催の「地元企業視察研修」です。

毎年夏休みの時期に、視察研修を希望する3年生が参加します。引率の先生や商工会職員、ハローワーク新見新規学卒担当者も含め総勢33名が来所しました。

朝から大型バスで、市内の企業を回り、特別養護老人ホームゆずり葉には15時到着。

法人の概要や、施設の特徴、高齢者の特徴などを説明し

デジタルミラーを使って、新しい介護予防の機器を体験しました。

デジタルミラーの特徴や、どんな人が使うのか説明を受け

施設長がデモンストレーション。そして

10名の高校生が、体験してくれました。

滞在時間は、わずか1時間ほどでしたが、地元ケーブルテレビの取材を受けた生徒は「福祉には興味がある。今日一日、色々な企業を回って就職を考える良いきっかけになった」と話していました。

今日の生徒の皆さんには、特別養護老人ホームゆずり葉の就業体験などの、ご案内を渡しています。

夏休み中に、就職を考える選択肢の一つに、日翔会を考えてくれるといいなと思いました。

2019.8.9 総務採用 村上富美恵