令和最初のあいご祭り!

  • 2019年07月11日

梅雨の晴れ間が広がる今日は、あいご祭りをにぎやかに行いました。

佐々木看介護長のあいさつに始まり、あいごの大きなイベントと言えば、いつも元気に披露してくださる舟場昭和会の皆様の踊りからスタート!

今年は衣装を新調されました。

あいごをご利用のお客様と年齢があまり変わらない、舟場昭和会のみなさんの踊りにお客様も

歌に合わせて手拍子で声援を送ります。

続いて、劇団あいごの日本昔話の「桃太郎」ではなく「かじ太郎」

かじ太郎とは、職員の名前からつけました。

桃から飛び出た、かじ太郎が、鬼退治をするお話です。

しかし、かじ太郎一人では鬼を退治できないので,お客様にも手伝っていただきます。

新聞紙で作った球を投げてやっつけようという魂胆

投げた球を職員が集め、またなげて・・・(#^.^#)

鬼を退治することができました!

お客様は「いつも面白い話だね」

と、いつもかかわる職員が劇をするのが楽しみとお話しされます。

つぎに、作業療法士の職員が、お客様と一緒におやつ前の口腔体操をしました。

 

行事にはいつも参加してくださるご家族は「いつも楽しみにしているんだよ。今日も楽しかったよ」

と感想を教えてくださいました。

最後に、手作り水ようかんを召し上がっていただき

ご家族に日ごろのご様子をお伝えし、お客様とご家族のひと時を過ごされました。

 

劇団あいごは今日も燃えました。

2019年7月11日 池田尚行