特養あいご「リクライニング車椅子贈呈式」

  • 2018年10月11日

「ごうぎん一粒の麦の会」様よりリクライニング車椅子の寄付をいただきました。

 

「ごうぎん一粒の麦の会」は、1981年(昭和56年)に

同行創立40周年記念事業として、関連会社を含むごうぎん

グループの役職員で発足された組織です。

この会は、地域社会への感謝の気持ちを込め、継続的な募金

・寄付活動を行っておられます。

この度、当施設にリクライニング車椅子を寄付して頂く事に

なりました。

特別養護老人ホームは、要介護3以上の方が入所される施設で

重度化が進み車椅子の利用が増えています。

その中でもリクライニング車椅子は、180度まで倒すことができ

重度化された方に必要な車椅子となっています。

(看介護長佐々木、施設長松本 蒲根雨支店長、津村支店長代理)

寄付いただいた車椅子を利用者の方が安心・安全に使用できるように

していきたいと思います。

「ごうぎん一粒の麦の会」の会員である役職者の皆様、寄付のご提案を

いただいた根雨支店の皆様に厚くお礼を申し上げます。

 

特別養護老人ホームあいご 佐々木